Blogブログ

DAVID BOWIE(デビッド・ボウイ)/THE SOUL TOUR 74

ヤセこけたガラガラ声のボウイ、だけどクオリティは落ちず、文字通りソウルフルな傑作。

セット・リスト↑

公式には初のリリースとなる、これは74年ソウル・ツアー(フィリー・ドッグ・ショー)のステージ↑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

David Bowieデヴィッド・ボウイ(本名:デヴィッド・ロバート・ジョーンズ 194718日ー2016110)

スタジオ・アルバム・ディスコグラフィー

 DAVID BOWIE』(1967 6/1)

SPACE ODDITY』(1969 11/4)

『THE MAN WHO SOLD THE WORLD』(ブログ)(1970 11/4)

HUNKY DORY』(1971 12/17)

ZIGGY STARDUST』(1972 6/16)

 ALADDIN SANE』(1973 4/13 )

PIN UPS』(1973 10/19)

『DIAMOND DOGS』(ブログ)(1974 4/24)

   YOUNG AMERICANS」(1975 3/7)

 STATION TO STATION』(1976 1/23 )

『LOW』(ブログ)(1977 1/14)

HEROES』(1977 10/14)

LODGER』(1979 5/18)

SCARY MONSTERS』(1980 9/12)

「LET’S DANCE』(ブログ)(1983 4/14)

TONIGHT』(1984 9/1)

NEVER LET ME DOWN』(1987 4/27)

TIN MACHINE』(1989 5/22)

TIN MACHINE Ⅱ』(1991 9/2 )

BLACK TIE WHITE NOISE』(1993 4/5)

OUTSIDE』(1995 9/26)

EARTHLING』(1997 1/30)

HOURS』(1999 10/4 )

 HEATHEN』(2002 6/11 )

REALITY」(2003 9/16)

『THE NEXT DAY』(ブログ)(2013 3/13)

  BLACKSTAR』(2016 1/8 )

TOY』(2021 11/26)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アルバムDIAMOND DOGSを完成させその名前を冠したツアーが746月にスタート。だが、このツアーがボウイにとってあまり満足のいくものではなく、一部のメンバー・チェンジなど内容を一新し再開したのがソウル・ツアー。

DIAMOND DOGS TOURと並行して新作YOUNG AMERICANSのレコーディングも行われており、ロックンロールよりも気分は完全にソウル・マンだったことが想像される。

DIAMOND DOGS TOUR』前にアルバムの宣伝のため、渡米した際は度々ニューヨーク・ハーレムのアポロ・シアターにスタッフを連れて赴き、夜毎存分に踊り明かした。また、何処に行っても騒がれない(アメリカでの認知度がそう高くない)ことで、心おきなく楽しめることにとても気を良くしたらしい。

アルバムに話を移すと、全編厚みのあるバック・コーラス、ホーン、パーカッシブな音が増え、ファンキーでエモーショナル。ザ・ソウル・レビューといった印象。

セット・リストはジャケット裏面の画像を参考に。

A-5チェンジズの高音で歌う箇所は少し辛そうで、低めにアレンジして歌っているが、そこは流石ボウイで、表現力や凄みで充分にカバーしている。

またB-2ロックンロール・ウィズ・ミーのバラードはこの新たな編成により一層ドラマティックに仕上がっていてハマっていると思う。

B-3ジーン・ジニートーキング・ブルース風に始まるイントロがむちゃくちゃカッコいい。

C-4サフラジェット・シテイは相変わらずカッコイイ、コロコロと転がるようなピアノとサックスが入り、フリーキーなロックンロールに仕上がっている。

D-1ロックンロール・スーサイドジャジーなピアノでの歌い出しがクール!原曲よりもっとテンポが遅く、聴きごたえがある。

D-4ローリング・ストーンズイッツ・オンリー・ロックンロールを挟む遊び心がナイス。

アルバム中、1番オリジナルとの変化が顕著なのはA-3ジョン・アイム・オンリー・ダンシングではないだろうか?原曲のシャッフル調のノリが完全に16ビートに変わって違う曲のように聴こえる。

The Soul Tour 74購入はこちら

The Soul Tour 74 Yahoo!ショッピング

関連記事